髪を生やす

頭頂部の薄毛を改善する効果的な方法|薄くなったてっぺんハゲを治すには

てっぺんハゲ
症状1

「頭頂部がハゲてきてカッパ状態に・・・」

症状4

「頭のてっぺんの髪の密度が減ってきた」

症状4

「どうにか薄毛の進行を止めて髪を復活させたい!」


このような頭頂部の薄毛に悩む人はたくさんいます。

頭頂部の薄毛は生え際の薄毛に比べれば多少は目立たないかもしれませんが、そのまま放っておくとどんどん髪の薄い面積は広がっていきます。

しかし、今は医学も進歩ししっかりと正しい対処をすれば、頭頂部の薄毛も改善できるようになっています。

ただし、薄毛になっても放置しっぱなしでいると手遅れになる場合もあります。

毛穴は1度消滅をしてしまうとそこから2度と髪の毛は生えなくなってしまうからです。

重要なのは手遅れになる前に対処をすることです。

どうにか薄毛を改善したい、髪の毛を復活させたいという人はできるだけ早い段階で正しい育毛対策を行うことが肝心です。

このページでは頭頂部の薄毛の原因とその原因に対して効果的な対策を解説していきます。

今は医学も進歩してきているので、しっかりと対処すれば薄くなった生え際の髪の毛を生やすことができます。

このページでは、生え際が薄くなる原因とその対策をわかりやすくまとめています。

頭頂部ハゲ
頭頂部の薄毛に効く育毛剤第1位はこちら

女性タイプ
→女性の薄毛に効く育毛剤第1位を見る

頭頂部の髪の毛が薄くなる4つの原因と効果的な対策

頭頂部が薄くなる原因は主に次の4つがあります。 以下で詳しく解説していきます。

女性特有の薄毛の効果的な対処法

原因1:遺伝・体質(男性ホルモン分泌の過多)

遺伝による薄毛
頭頂部の薄毛の大きな原因の一つは遺伝・体質です。

遺伝というと、顔や体格、運動神経や頭の良さなどの特徴を親から受け継ぐというイメージがあると思いますが、髪が薄くなるというのも一つの体質です。つまり薄毛体質も受け継ぐのです。

これはDNAに刻み込まれているものなので、生まれた時から決まってますので、どんなに抗っても仕方がありません。

親や親戚、祖父母などに薄毛の人がいる場合はあなたも薄毛になる体質である可能性が一気に高まります。

ただし、遺伝・体質による薄毛であっても諦める必要はありません。

今はその根本的な原因がちゃんとわかっていますので、効果的な対策が医学的に解明されてきています。

しっかりと対処をすれば薄毛を改善することが可能です。

遺伝・体質による頭頂部の薄毛の効果的な対策は次の2つです。

遺伝の薄毛の効果的な対処法:その1

プロペシア
医療医薬品である飲む育毛薬のフィナステリド(商品名:プロペシア)を服用する。

プロペシアは飲む育毛剤としては最も有名な薬です。

基本的に病院やAGAクリニックなどで医師を診察を受けて処方箋をもらってからでないと手に入れることができません。

ドラッグストアや薬局では購入できません。

医療用医薬品なので効果が強い分、それだけ副作用もあるので医師の正しい指導が必要になります。

プロペシア1日1錠を半年から2年継続的に飲んだ薄毛男性の8割以上が薄毛を改善できています。

プロペシアは未成年や女性は処方することができませんが、健康な成人男性なら服用可能です。

金額は病院・クリニックにより多少異なりますが、1ヶ月分28錠でおよそ7,500円ほどです。

プロペシアが処方できるAGAクリニックはこちら

AGAクリニックはどんな治療をする?費用やデメリット

自毛植毛の費用やデメリット

遺伝の効果的な対策:その2

育毛剤の使用
ジヒドロテストロンを抑える成分が含まれている育毛剤を塗布することは頭頂部の育毛にとても効果的です。

遺伝・体質が原因の薄毛というのは、男性ホルモンであるテストステロンが5-aリダクターゼという酵素と合わさり、ジヒドロテストロンという抜け毛を誘発する成分を分泌させることで起こります。

つまり、このジヒドロテストロンを抑えることで抜け毛が減り、継続的に抑えることでヘアサイクルが正常に戻ることで薄毛が改善されます。

育毛剤の中にはこのジヒドロテストロンを抑える成分が配合されている種類のものがありますのでそちらを使用して毎日直接塗布しましょう。

ジヒドロテストロンを抑える成分が含まれている育毛剤はこちら

原因2、毛穴のつまり(脂性・不衛生・シャンプー)

毛穴の詰まり
毛穴が皮脂やホコリなどで詰まると抜け毛につながります。

毛穴が詰まる原因は、脂性や不潔に過ごすことで主な原因です。これは毎日きちんとお風呂に入ることで解消できます。

これとは逆にシャンプーのしすぎというのも毛穴に皮脂が詰まる原因になります。

洗っているのに皮脂が詰まる?ってよく分からないと思うかもしれませんが、シャンプーを1日に何度もおこなうと必要な分の皮脂まですべて取り除くことになります。

皮脂を必要以上に取りすぎることで、脳が足りない皮脂を出せと命令を出すようになります。頻繁にそれが起こることで日常的に皮脂が過剰に分泌されるようになり、そして皮脂が毛穴に詰まり抜け毛に繋がります。

ですのでシャンプーは1日1回までにしましょう。また、シャンプー剤はできれば頭皮に優しいアミノ酸系のもの使用するとより良いでしょう。

また、シャンプーの洗い残しは皮脂に詰まることも抜け毛に繋がりますのでシャンプー時のすすぎは十分すぎるほどおこなうようにしましょう。

20〜30代の薄毛の効果的な対処法

40〜50代の薄毛の効果的な対処法

原因3、血行不良(食事・睡眠・ストレス)

頭部の血行不良
頭頂部が薄くなる人は頭頂部の頭皮が硬くなっている場合が多くあります。

頭皮が硬くなっている状態というのは頭頂部の頭皮が血行不良になっている現れです。

血液というのは健康な髪の毛を育てる重要な栄養素です。その栄養が十分に届かない状態では、当然健康な髪が生えなくなり、すぐに抜け落ちてしまうような不健康な髪の毛しか育たなくなります。

頭頂部が血行不良になる原因は主に3つです。

それは「偏った食事」「質の悪い睡眠」「ストレス」です。

「偏った食事」・・・とくに野菜や魚が少なく肉やジャンクフードが多い食生活をしている人に多く見られます。

これは、血液がドロドロになり血流が悪くなることで頭頂部の先までうまく血液が循環していないことから起こります。

「質の悪い睡眠」・・・人間は夜の10時から夜中の2時までに最も成長ホルモンが分泌されます。

この時間帯に就寝していることが人間にとって最も質の良い睡眠になります。逆に夜更かしや睡眠不足というのは成長ホルモンが十分に分泌されずに健康な髪の成長を妨げることになります。

「ストレス」・・・ストレス過多になると自律神経のバランスが乱れることで全身の血管が収縮し血流が悪くなります。そうなることで手足や頭頂部など末端までの血の巡りが悪くなります。

頭頂部の血行不良による薄毛の効果的な改善方法は、頭皮マッサージを習慣化することです。

朝と晩に両手の指それぞれ5本の指の腹を使って頭部全体を2-3分マッサージしましょう。その際育毛剤を使用することでより効果が高まります。

また、首も一緒にマッサージすることで頭部への血の巡りがさらによくなります。

頭頂部の薄毛に効果的な育毛剤はこちら

原因4、加齢による毛穴の退化

毛穴の老化 年を重ねると肌が老化していくように頭皮や毛穴も老化していきます。

毛穴は加齢とともにどんどん小さくなっていき、最後には毛穴自体が消滅してしまいます。

毛穴というのは1度消滅してしまうともう2度とそこから毛が生えてこなくなります。そうなってしまってはいくら育毛薬を飲もうが育毛剤を使おうがもう手遅れです。

そうならないためには、まだ毛穴が消滅する前に日頃から頭皮マッサージや育毛剤で栄養を与えることを習慣にすることで頭皮や毛穴の老化を防ぐことができます。
女性特有の薄毛の効果的な対処法

10代の薄毛の効果的な対処法

生え際の薄毛の効果的な対処法

髪の毛に良い食べ物・栄養はこちら

髪を生やす方法トップへ