髪を生やす

10代で髪が薄くなった時の育毛対策|10代薄毛の改善方法

症状1

「まだ10代なのに生え際が薄くなってきた」

症状4

「親もハゲているし将来は自分も・・・」

症状4

「髪の毛が細くて量も少ないこのままじゃハゲそう」


10代でも薄毛の兆候があったり、将来への髪の不安の悩みを抱えている人はたくさんいます。

若くして髪が薄くなってくるというのは辛いものです。

薄毛になるというのは必ず原因があります。

放っておいてもいつか戻るだろうと何もせずにしておくと、ほとんどの場合はそのまま薄毛が進行していきます。

しかし、若ハゲというのは正しい方法で対策を行なえば進行を止めて改善することが可能です。

原因が何であれ若ハゲの最も効果的な対策というのは、できるだけなるべく早い段階で正しい対処をすることです。

「髪が薄くなった」「毛が細くなった」と感じたらすぐに育毛対策を開始するようにしましょう。

このページでは10代の薄毛の原因とその効果的な対策をわかりやすく解説しています。若ハゲに悩む人はぜひ参考にしてみてください。

10代に効く育毛剤第1位はこちら

女性特有の薄毛の効果的な対処法

10代で薄毛になる4つ原因とその対策

薄毛と一括りで言っても、その原因は異なります。10代の薄毛の原因は大きく分けて4つあります。

その原因によって対策も異なりますので、まずは自分の薄毛の原因を知ることが大切です。 以下でそれぞれを詳しく解説していきます。

原因1:血行不良や栄養不足(食生活、睡眠不足、ストレス)

10代で薄毛になる人の多くは頭皮が硬くなっています。頭皮が硬いということはその部分の血の巡りが悪くなっているという現れです。

血液というのは健康な髪の毛を育てる栄養素ですので、それが十分に届いていないということは健康な髪の毛生成のために必要な栄養が足りていない状態です。

頭皮の血行不良や栄養不足の原因は大きく3つあります。

それは「偏った食生活」「睡眠不足」「ストレス過多」の3つです。

・偏った食生活・・・肉やジャンクフードのようなものが多い食生活を続けていると血液がドロドロになり全身の血の巡りが悪くなります。

【対策】:魚や野菜が多くバランスの良い食事を多くしましょう。育毛サプリメントで育毛有効成分を体の内側から補うことも効果的です。

・睡眠不足・・・人間の成長ホルモンは22:00から深夜2:00の間に就寝しているときが最も分泌されます。

この時間帯に寝ていなかったり、夜更かしや睡眠不足が続く生活を送っていると十分な成長ホルモンが分泌されず髪の毛の健康も損ねます。

【対策】:規則正しく早寝早起きの生活を心がけましょう。

・ストレス・・・人はストレスを過剰に感じると全身の血管が収縮し血流が悪くなります。日常的に多くのストレスを感じている人はそれだけ栄養の巡りも悪くなります。

【対策】:自分なりのストレス改善方法を見つけたり、深呼吸を習慣化するようにしましょう。(呼吸を深くすることで血の巡りを良くします)

また、血行不良の最も効果的な対策は毎日頭皮マッサージをおこなうことです。

両手の5本の指の腹で円を描くように頭部全体をマッサージすることで頭皮の血行が良くなります。また毎日行うことで頭皮も柔らかくなり血液が回りやすくなります。

この際より効果を上げたい人は育毛剤を使いながらマッサージをするとより良いでしょう。

10代の薄毛に効く育毛剤第1位はこちら

原因2、毛穴に皮脂や汚れが詰まる(シャンプー、不衛生)

頭皮や髪の毛を不潔にしていることはよくありません。毛穴や頭皮に皮脂や汚れが詰まると健康な髪の毛が育たなくなり抜け毛がどんどん増えていきます。

それは、当然のことですが、実はその逆のシャンプーのしすぎというのも抜け毛の原因になります。

シャンプーは頭皮や毛穴を清潔にするから、皮脂や汚れも取れて毛穴が詰まることなどないのではないか?と思うかもしれません。

しかし、シャンプーを1日に何度もすると頭皮や髪の毛に必要な分の皮脂もごっそりと奪ってしまい、頭皮が乾燥しすぎます。

皮脂もある程度は健康な髪や頭皮の生成に必要なものです。

必要以上に皮脂を取りすぎると、脳が皮脂が足りないという信号を受け、皮脂をどんどん分泌するように指令を出すようになってしまうのです。

そうなると、今度はその出すぎた皮脂が毛穴に詰まるようになってしまい、結果として抜け毛がどんどん増えていきます。

ですので、シャンプーは1日1回までにしましょう。

休日などでずっと室内にいた日はお湯だけで洗髪する日を作っても良いでしょう。

また、シャンプーそのものの話ですが、ドラッグストアやスーパーなどで売られている600-800mlで数百円くらいの安価なシャンプーというのは基本的にAES系界面活性剤が使用されています。

これは、食器洗い洗剤などにも使用されているもので、石油製品などが作られた後の産廃物のようなものです。

これらは、ものすごく強い洗浄力がありますが、逆に頭皮には強すぎるのです。

もともと頭皮や髪の毛が強い人であればそんなに問題はありませんが、皮膚や髪の毛が弱い人、薄毛の兆候がある人は避けたほうがよい物です。

髪の健康や育毛のことを気にする人は天然由来成分で作られたアミノ酸系シャンプーを使うようにしましょう。

アミノ酸系シャンプーは頭皮や髪に良い成分で作られていてます。そして、汚れはきちんと落とすけれど、必要な分の皮脂は残しておいてくれます。

値段はドラッグストアやスーパーの安価品に比べると少し高いですが、毎日使用するものですのでできれば変えたほうが良いでしょう。
【毛穴の皮脂のつまりの対処法まとめ】
・頭皮を不潔にしない
・シャンプーを過剰にしない
・天然由来で作られたアミノ酸系シャンプーを使用する

原因3、遺伝

薄毛の体質というのは遺伝します。

これは父親、母親どちらからでも受け継ぐ可能性があります。また、親が薄毛ではなくても祖父母や親戚の人に薄毛の人がいる場合も安心はできません。

先天的な薄毛の体質というのはDNAに刻まれているのでそれ自体を変えることはできません。

ただし、現在はそういった薄毛の遺伝子を持った人でもしっかりと正しい対策をすれば薄毛を防いだり改善することができるようになっています。

具体的な遺伝、体質の薄毛の対策は2つあります。

【対策1】
1つは、ジヒドロテストロンを抑える成分が配合された育毛剤を使用すること。

遺伝による薄毛の原因は男性ホルモンの過剰分泌です。

ジヒドロテストロンという成分が分泌されることで抜け毛が起こります。

つまり、このジヒドロテストロンの分泌を抑えることができれば良いのです。

育毛剤の中にはこのジヒドロテストロンの抑える成分が配合されている商品があります。

それを使用し毎日頭皮マッサージをすることで抜け毛が抑えられ、頭皮環境も改善されていきます。

ジヒドロテストロンを抑える成分が配合された育毛剤はこちら

【対策2】
もう1つはAGAクリニックで飲む育毛薬であるプロペシアを服用する方法です。

これはプロペシアという錠剤を毎日1錠飲むだけです。

最低でも半年飲み続ける必要がありますが、半年から2年服用を続けた人の8割以上の男性薄毛を改善したという結果も出ています。

プロペシアはドラッグストアや薬局では買うことはできません。

医師に診察をしてもらい処方箋が出されて初めて手に入れることができます。

ただし、これは未成年また女性は服用することができません。

ですので、プロペシアで薄毛を改善したい男性は二十歳を迎えるまでは他の育毛対策をおこなっておき、その時を待ちましょう。

AGAクリニックはどんな治療をする?費用やデメリット

原因4、髪や頭皮へのダメージ過多

ヘアカラーや脱色、パーマなどは髪や頭皮へのダメージが強くかかります。

頻繁的にこれらをおこなっている人はそれだけダメージが蓄積されています。

半年に1度くらいで毎回しっかりと保湿やトリートメントなどでケアをしていればダメージは回復されていきますが、それをしていない人は徐々に髪の毛も弱っていきます。

【対策】
こういった髪へのダメージが思い当たる人は今からでも遅くないので、トリートメントで髪のダメージを回復させたり、育毛剤で頭皮に栄養を送る習慣を持ちましょう。
生え際の薄毛の効果的な対処法

頭頂部の薄毛の効果的な対処法

20〜30代の薄毛の効果的な対処法

40〜50代の薄毛の効果的な対処法

女性特有の薄毛の効果的な対処法

髪を生やす方法トップへ