髪を生やす

女性の薄毛に効果的な育毛方法|女性特有の薄毛は治る!

女性の薄毛
症状1

「年齢とともに髪が薄くなってきました」

症状4

「髪の毛が細くなってボリュームも無くなりました」

症状4

「髪が減って生え際の頭皮が透けて落ち込んでます」


このような髪の悩みを抱えている女性は大勢います。

総務省が発表している人口推計の調査によると、薄毛の進行を感じている女性は、30代で5人に1人、40代で4人に1人、50代で3人に1人の割合で存在します。

総務省データ
女性も年齢を重ねると髪が細くなり全体的にも薄くなってきます。

これはほとんどの場合、女性ホルモンの分泌量が関係しています。

女性の薄毛は男性の場合よりも改善しやすいとされていますので、しっかりと対策をすれば若い頃のような髪の毛を取り戻す頃ができます。

このページでは女性の薄毛の原因と効果的な対策をわかりやすく解説しています。

薄毛や抜け毛が気になっている女性は参考にしてみてください。

女性タイプ
女性の薄毛に効く育毛剤第1位を見る

女性の薄毛の原因と対策

女性の薄毛の原因は大きく3つあります。

その原因によって対策も異なりますので、まずは自分の薄毛の原因を知ることが大切です。 以下でそれぞれを詳しく解説していきます。

女性の薄毛の原因その1:女性ホルモン量の減少

女性ホルモン
女性の薄毛の大きな原因は女性ホルモン分泌量の減少です。

女性は閉経を迎える前の40代後半になると女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少します。

エストロゲンは女性が女性らしいカラダであるために重要な働きをします。

ですので、このエストロゲンの分泌量が減ることでカラダに様々な影響を及ぼします。

エストロゲンは肌や髪の毛を若々しく保つ働きもしているので分泌量が減ると当然、肌はハリや潤いはなくなったり、髪の毛は細くなり抜け毛も増えてしまいます。

これは人間の体の自然な変化ですのである種仕方がないことです。

しかし、適切な対処をすることでこういった加齢や更年期のカラダの老化を抑えることができます。

女性ホルモンの分泌量の低下の効果的な対策としては3つあります。
【対策1:大豆製品をたくさん摂る】
大豆イソフラボン
大豆製品に含まれる大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

毎日の食事で意識的に摂ることで足りなくなった分のエストロゲンの働きを補うことができます。

毎日の食事で摂るのは大変だという人はサプリメントなどを上手に使うと良いでしょう。

女性向け育毛サプリランキングはこちら

【対策2:女性専用の育毛剤を塗布する】
女性用育毛剤
女性の薄毛専用の育毛剤には女性の髪の毛の成長に大切な栄養素が凝縮されています。

それを毎日頭皮に塗布しマッサージすることで徐々に薄毛や抜け毛が改善されます。

女性の薄毛に効く育毛剤第1位を見る

【対策3:病院で治療をする】
女性む外来
現在は女性の薄毛専門のクリニックがあります。

医師の指導のもとにしっかりと薄毛治療をしたい人にはオススメです。

また、更年期の治療は婦人科でおこなうことができます。

ホルモン補充療法(HRT)は、更年期障害によるカラダの不調を緩和させる方法です。

こちらは薄毛治療というわけではありませんが、ほてりやのぼせ、イライラ、めまい、倦怠感、鬱など辛い女性更年期の症状の改善に効果的です。

全国に46院 女性専門発毛病院【東京ビューティークリニック公式サイト】


女性の薄毛の原因その2:髪や頭皮へのダメージ

毛髪サイクル

頭皮や髪の毛のダメージが蓄積されると髪がやせ細り、抜け毛の原因になります。

中でも、ヘアカラーや脱色、パーマは髪や頭皮への負担が非常に強くなります。

一定の期間を置きながら、頭皮や髪をケアをちゃんとしていれば問題はありませんが、頻繁におこなったりトリーメトントなどをしないと頭皮に負担がかかり髪の毛自体も弱っていきます。

そして徐々に髪が痩せて細くなったり抜け毛が増えてしまいます。

とくに更年期や産後の女性ホルモンが減ってくる時期はただでさえ髪の栄養が足りていないのでカラーやパーマはできれば止めておきましょう。

ヘアカラーやパーマによるダメージの対策

髪や頭皮がダメージを受けて弱っている時はトリートメントや女性用の育毛剤を使用し栄養を補ってあげることが効果的です。

また、シャンプーにも注意が必要です。

シャンプーは過度におこなうと皮脂を取りすぎて頭皮が乾燥してしまうので、1日1度以上はしないようにしましょう。

また、シャンプーのすすぎ残しが毛穴に詰まると抜け毛の原因になりますので、シャンプーは十分すぎるほどよくすすぐようにしましょう。

【シャンプー時の注意点】
・シャンプーは1日1回まで
・シャンプー剤が残らないようにすすぎはしっかりとおこなう

女性の薄毛の原因その3:生活習慣

生活習慣によって髪や頭皮にダメージを与えて抜け毛が増えることもあります。

髪や頭皮に悪影響を及ぼす生活習慣は「偏った食事」「睡眠」「ストレス」の3つです。

「偏った食事」

栄養バランス

お肉や揚げ物、ラーメン、ジャンクフードなどばかり食べていると血液がドロドロになり全身に栄養が運ばれにくくなり髪の健康にも悪影響を及ぼします。

魚や野菜、海藻や豆類などを多く摂るような食生活を心がけましょう。そうすることで血液もサラサラになり全身へ栄養が運ばれやすくなります。

また、女性は日常的にダイエットやなどの食事制限で栄養が足りていないことがあります。そういう食生活を続けると髪を生成する栄養が足りずに健康な髪の毛が成長しません。

髪の健康を気にする人は、とくに大豆製品やミネラル、ビタミンを積極的に摂るようにし、過度な食事制限などはできるだけ避けましょう。

「睡眠」

睡眠

寝不足は肌荒れの原因とよく言われますが、髪の健康にとっても当然よくありません。成長ホルモンは夜の10時から夜中の2時までにもっとも分泌されます。

この時間帯に就寝していなと十分な成長ホルモンが分泌されず、肌や髪の健康状態に影響します。

髪の健康や美肌のためにも規則正しく早寝早起きの生活を心がけましょう。

「ストレス」

す
ストレスを受けると全身の血管が収縮し血流が悪くなります。

毎日のようにストレスを受ける人はそれだけ全身の血の巡りが悪く、栄養が髪の毛にまで届きにくくなっています。

産後には髪が薄くなる

女性は妊娠すると女性ホルモンの「プロゲステロン」や「エストロゲン」が急激に増えます。

そして子供を産むとこれらの女性ホルモンが一気に減ります。これは子供を産む女性すべてに起こることです。

その影響で、中には抜け毛が増えて髪の毛が薄くなってしまうということもあります。

ですが、ほとんどの場合は産後半年から1年で自然と女性ホルモン分泌量も元に戻るので、あまり心配しすぎる必要はありません。

それでも心配な方は、大豆製品やミネラル、ビタミンをたくさん摂ったり医師推奨の女性用の育毛剤を使用すると良いでしょう。

生え際の薄毛の効果的な対処法

頭頂部の薄毛の効果的な対処法

紫外線はダメージ大

紫外線はお肌の天敵ですが、当然頭皮にとっても天敵です。

秋に抜け毛が増えるのは5-9月までの紫外線の影響が大きく関係しています。

多くの女性はUVカットの日焼け止めを顔には塗りますが、それでは頭皮へ受ける紫外線を防ぐことはできません。

髪の毛や頭皮を労りたい人は、紫外線が強くなる時期にはできるだけ日傘や帽子を使うようにしましょう。

それだけで秋の抜け毛を減らすことができます。
10代の薄毛の効果的な対処法

20〜30代の薄毛の効果的な対処法

40〜50代の薄毛の効果的な対処法

髪を生やす方法トップへ