シャンプーの正しい方法と選び方|シャンプーを毎日するとハゲる?

シャンプーの選び方

あなたはどんなシャンプー使ってますか?

シャンプーには、石油系シャンプー、アミノ酸シャンプー、石鹸系シャンプーの3種類があります。

石油系シャンプーは、スーパーやコンビニなどで最も多く販売されている種類になっており一番見かけるシャンプーです。

石油系シャンプーの特徴としては、洗浄力が非常に高く泡立ちも良いシャンプーです。

一見、シャンプーとしてはとても良いもののように思えますが、洗浄力が非常に高いことから、髪や頭皮に与える刺激が大きくなってしまいます。

ドラッグストアなどで500ml〜700mlで1,000円もしない安価なシャンプーの多くは、石油系の界面活性剤から作られています。

石油系の界面活性剤というのは非常に強力な洗浄力があり、食器洗い洗剤などにも使用されているものです。

頭皮に使用する場合、毛穴に詰まったゴミや皮脂を取り除きますが、必要以上に皮脂を取り過ぎてしまいます。

その結果、頭皮は適度に必要な脂や潤いまで失ってしまい、髪が弱ったり抜け毛につながる恐れがあります。

特に皮膚が強くない人や髪の毛が細い人、薄毛になりやすい体質の人は、なおさら悪影響を受けやすいと言えます。

「シャンプーを毎日するとハゲる」という噂を聞いたことがありませんか?

その噂の元は、こういうことから生まれたのです。まんざらすべて嘘というわけでもありません。

髪や頭皮の健康を気にするのならば、安価な石油系の界面活性剤シャンプーの使用を避けた方が良いでしょう。
では、頭皮に良いシャンプーは何かというとアミノ酸シャンプーがもっともオススメです。アミノ酸シャンプーは頭皮や髪に優しい成分で作られていて、汚れは落とすけれど程よく皮脂も残してくれるシャンプーです。
値段は少し上がりますが、できれば無添加のアミノ酸系のものがおすすめです。

シャンプーの見分け方として成分表にラウリン酸・ココイルグルタミン酸などが表記されていれば、アミノ酸シャンプーだと言えると思います。

反対にラウレス硫酸が入っていたら石油系シャンプーになってくる為、注意が必要です。

石鹸シャンプーは、昔からある石鹸をベースとしたシャンプーです。

洗浄力は強いものの、頭皮に与える刺激が少なく頭皮に優しいシャンプーになっています。人によっては髪の毛がきしむという人もいます。
【シャンプーの選び方のまとめ】
髪や頭皮の健康を気にしている人は無添加アミノ酸系シャンプーを使うようにしましょう。値段は少し高いですが、成分が肌に優しく頭皮や髪の状態を健康に保ちます。
男性用アミノ酸シャンプー第1位を見る

女性用アミノ酸シャンプー第1位を見る

正しいシャンプー方法

シャンプー
毎日おこなうシャンプーですから、正しい方法でしていないと頭皮や髪の負担になり抜け毛につながることもあります。

正しいシャンプーの方法は難しいものではありません。1度ちゃん流れを覚えることで習慣にすることができますのでぜひ覚えて実践しましょう。

1、まずお湯を頭皮にかけて十分濡らします。 シャンプーを付ける前にはシャワーのお湯だけで取れる汚れやほこりを取っておきましょう。

2、シャンプーは手のひらできちんと泡立ててからつけるようにします。汚れは泡で取るので、きちんと泡立てることが大切です。

泡立てるのが面倒だという人もいるようですが、簡単に泡を作るスポンジなども売っているのでそういったものを使うのもいいでしょう。

3、そして、シャンプー時の基本はいつも指の腹を使うようにします。爪を立てて洗うと頭皮を傷つけます。

頭皮を洗う際、力の入れすぎには注意して優しく行いましょう。

さらに、髪の毛を洗うより頭皮を洗う感じでマッサージしながら洗えば、より効果がアップします。

ごしごしこすりたくなるものですが、こするよりもみだした方が汚れがちゃんと落ちやすいですし、マッサージ効果があるので一石二鳥です。

4、最後は、よくすすぎシャンプーを絶対に残さないようにします。すすぎ残しは抜け毛の原因です。

また、髪が傷んでいる場合は定期的にトリートメントなどを行いましょう。

濡れたままの髪の毛は非常に傷みやすい状態ですので、洗髪が終わったらドライヤーできちんと乾かします。

あまり頭皮に温風を当てすぎることがないよう、適度な距離を保って乾かすことが大切です。

【正しいシャンプーの方法まとめ】
1、まず。シャワーで頭皮と髪を十分に濡らしゴミやホコリを流す。(少しぬるめのお湯)
2、シャンプー剤を手に取りしっかり泡立ててからつける。(直接シャンプー剤を頭皮につけない)
3、指の腹で軽くマッサージしながら汚れを落とす。(力を入れすぎない)
4、すすぎは徹底的におこなう。(シャンプー剤が頭皮に残ることが一番よくない。)
5、洗髪後はちゃんとドライヤーで乾かすこと

リンス・トリートメント・コンディショナーの違いとは

シャンプーは汚れを落とすものというのはわかっているけれど、リンスやトリートメントやコンディショナーの違いがよくわからないという人は多くいます。

それらの違いは次の通りです。
【リンス・トリートメント・コンディショナーの違い】
リンス→髪の表面を保護しキューティクルの痛みを防ぎます。
トリートメント→髪の内側から栄養や油分を補い髪のダメージを回復させます。
コンディショナー→リンスよりやや効果が強く髪の表面のケアに効果的です。
効果としてはリンス<コンディショナー<トリートメントとなります。髪のダメージに合わせて使い分けましょう。

育毛シャンプー自体に発毛効果はない?

育毛シャンプー

抜け毛が多くなったり、鏡に映る自分の薄毛に「何とかしたい!」と手始めに育毛シャンプーを使用する人は多くいます。

基本的に育毛シャンプーとは頭髪を育てることを目的としてつくられたシャンプーのことを指します。(コトバンクより)

汚れを洗い落としやすいタイプや頭皮の血行促進効果があるタイプなど、多数のメーカーより様々な製品が市販されています。

テレビCMなど各メディアで商品が紹介されるなどもあり、現在育毛シャンプーというジャンルが大変な人気になっているのも確かです。

幾度と流れているCMを見ているうちに「自分も使ってみようかな?」と思う方もいるのではないでしょうか。

しかしながら、人気である育毛シャンプーをどんなに長く使っても育毛シャンプー自体には発毛効果は期待出来ません。

育毛シャンプーと呼ばれる類は、基本的には頭皮環境を整えるためのきっかけとなるものであって、発毛を促すまでの効果はないのです。

じゃあ育毛シャンプーって意味ないの?

では、発毛効果がないのなら育毛シャンプーを使う意味が全くないのか?というと、少々意味が違います。

育毛シャンプーは髪や頭皮に優しい成分で作られているの頭皮や髪の毛への負担も少なく、使い続けることで健康な状態に導きます。そうすることで抜け毛が減り結果として髪にハリやボリュームが出てくることにつながります。

要は、育毛シャンプーの役割は、発毛を期待するものではなく頭皮に優しく育毛環境を整え、髪の毛の成長の妨げにならない準備をする為のアイテムなのです。

繰り返しになりますが、育毛シャンプー自体に残念ながら発毛効果はありません。

すでに髪の毛が薄くなっていて発毛効果を望むなら、やはり発毛剤(ミノキシジル)や育毛薬(フィナステリド)が必要です。

髪を生やす方法トップへ

【女性の意見】デブ・チビ・ハゲならどの男がいい?