髪を生やす

薄くなった生え際の髪の毛を生やす方法|後退した生え際の対処法

生え際の薄毛
症状1

「若い頃より生え際が後退してきた」

症状4

「M字ハゲが徐々に目立ってきた」

症状4

「前頭部の頭皮が透けてきた」


生え際が後退したり、薄くなってくると一気に見た目も老けて見えます。

とくに見た目という点においては、生え際が薄いというのは他でどんなに若さを保つ努力をしていても、それを打ち消すくらいのマイナス要素になってしまいます。

頭頂部はまだパッと見て薄毛だと気づかれないこともありますが、生え際の薄毛は第一印象からすでに髪の薄い人になってしまいます。

しかし、あきらめる必要はありません。

今は医学も進歩してきているので、しっかりと対処すれば薄くなった生え際の髪の毛を生やすことができます。

このページでは、生え際が薄くなる原因とその対策をわかりやすくまとめています。
薄毛のタイプU型
→U型の薄毛に効く育毛剤第1位はこちら

薄毛のタイプM型
→M型の薄毛に効く育毛剤第1位はこちら

女性タイプ
→女性の薄毛に効く育毛剤第1位を見る

生え際が薄くなる原因は主に3つ

生え際が薄くなる原因は主に次の3つがあります。 以下で詳しく解説していきます。

女性特有の薄毛の効果的な対処法はこちら

生え際が薄くなる原因1:男性ホルモンの分泌量が多い

男性ホルモン
男性の薄毛というのは、男性ホルモンのテストステロンが5-aリダクターゼという酵素と結びつき、抜け毛の原因であるジヒドロテストロンという物質が作られることで起こります。
これだけ聞いたらよくわかりませんが、要は抜け毛の原因である男性ホルモンの分泌量がハゲない人よりも多いということです。

では、なぜ男性ホルモンの分泌量が多いのか?ということですが、そのほとんどは結局遺伝・体質によるよるものです。

薄毛で悩んでいるあなたのご両親や親戚、祖父母を思い浮かべてみてください。おそらく髪が薄い人がいるはずです。

遺伝ならどうしようもないの?もうこのままハゲるしかないの?DNAには抗えないよ・・・と悲観的になっている人もいることでしょう。

しかし、あきらめる必要はありません。
今は、遺伝や体質による薄毛でも医学的に効果的な対処法わかってきています。


要は、抜け毛の原因である物質のジヒドロテストロンを作らせないようにすればいいのです。

DNA

その方法は2つあります。それは次の通りです。
【遺伝や体質による生え際の薄毛の対処法はこの2つ】
対処法1、飲む育毛薬を服用する
対処法2、育毛剤を塗布する

対処法1、飲む育毛薬を服用する

今は病院で薄毛を治すことができます。

CMなどでもよく見受けれるAGAクリニックというのは、薄毛(男性型脱毛症)の治療をメインにおこなっている病院です。

薬というのは、医療用医薬品、第1類医薬品、第2類薬品、医薬部外品に分類されています。

病院で医師の処方箋の元にしか服用することができないのが医療用医薬品です。

これは基本的に一般には入手することはできません。

つまり医療用医薬品は、それだけ効果が強いので正しい指示のもとで服用が必要なのです。成分の効きが強い分、副作用などのリスクも高く、扱いには注意が必要になります。

AそのGAクリニックで処方される医療医薬品がフィナステリド(商品名:プロペシア)という飲む育毛薬(錠剤)です。

プロペシア
このプロペシアは半年から2年以上飲み続けることで8割以上の人は薄毛を改善することができます。

プロペシアの値段はクリニックや純正かジェネリックかにもよりますが、1ヶ月7,000円~10,000円くらいが相場です。

また、AGAクリニックでは塗布するタイプの発毛剤であるミノキシジルなども処方することができます。

自分にどちらが向いているかというのは医師の診察や血液検査などからわかります。

ただし、飲む育毛薬であるプロペシアは医療用医薬品ですので医師の診察の元にしか手に入れることはできません。

また、保険は利かないため全額自己負担になります。月に1度から数ヶ月に1度の定期通院が必要になります。

※未成年、また、女性全般はプロペシアを処方することはできません。

プロペシアが処方できるAGAクリニックはこちら

AGAクリニックはどんな治療をする?費用やデメリット

自毛植毛の費用やデメリット

対処法2、育毛剤を塗布する

育毛剤
育毛剤は「抜け毛予防・育毛促進効果があるもの」を指します。
育毛剤は、頭皮環境を健康な状態に戻すことで抜け毛を減らし育毛効果があります。

そして、育毛剤の中には、抜け毛の原因であるジヒドロテストロンをつくる5-aリダクターゼの働きを抑える成分が配合されている商品があります。

それを毎日朝晩と頭皮に塗布しマッサージすることで抜け毛が止まり健康で丈夫な髪の毛が生えるようになります。

徐々にヘアサイクルが正常化に戻ることで徐々に生え際の薄毛が改善されていきます。

5-aリダクターゼの働きを抑える成分が配合されている育毛剤はこちら

生え際が薄くなる原因2:血行不良や毛穴のつまり

頭皮や髪の毛の健康の状態が悪いと抜け毛につながります。

そうなる原因としては、次の2つがあります。

その1、頭部の血行不良

血行不良
薄毛になりやすい人というのは頭皮がとても硬く血行の状態が悪い傾向にあります。

血液というのは髪や頭皮を健康に育てる重要な栄養ですから、その血液のめぐりが悪いということはその分、健康な髪が育たなくなるということです。

当然、その状態が長く続くことで次第に髪が細くなり、抜け毛が増え、髪がどんどん薄くなっていきます。

おでこの生え際というのは特に毛細血管が他の部分よりも少ないため血行が悪くなりやすいのです。

その2、日頃の生活習慣による悪影響

毛穴の詰まり
毛穴に皮脂や汚れが詰まると健康な髪の成長を妨げ、抜け毛の原因になります。

その原因の多くはシャンプーのすすぎ残しです。シャンプーは十分すぎるほどすすぎをしましょう。

また、偏った食事、睡眠不足、ストレス過多なども自律神経の働きを乱します。

自律神経が乱れると全身の血液の巡りが著しく悪くなり、頭皮や髪にも十分な血液が行き渡らなくなることで抜け毛が増え薄毛につながります。

血行不良が原因の薄毛の対処法

頭皮マッサージ
血行不良が原因の薄毛は育毛剤を塗布しながら頭皮マッサージをすることで改善することができます。

育毛剤選びで大事なのは、抜け毛の原因であるジヒドロテストロンをつくる5-aリダクターゼの働きを抑える成分が配合されている育毛剤を選ぶことです。

毎日、朝と晩にそれぞれ塗布することが効果的です。

生え際が薄くなる原因3:加齢による毛穴の消滅

毛穴の老化
年齢を重ねると皮膚も臓器も衰えていくように頭皮や毛穴も老化していきます。

若いうちは何をしなくても細胞が弱ると自ら修復をする働きがありますが、加齢してもそのまま放置していると毛穴もその機能しなくなっていき縮小していき最後には消滅してしまいます。

毛穴が1度なくなるともうそこから2度と毛が生えることは無くなります。

頭がツルツルの老人などはもう毛穴が消滅しているのです。

毛穴や頭皮の衰えを防ぐには日頃から頭皮の血行を良くしておき栄養を送り続けることが重要です。

そのためには発毛剤や育毛剤を塗布し、頭皮マッサージを習慣化しておくことが効果的です。
10代の薄毛の効果的な対処法

20〜30代の薄毛の効果的な対処法

40〜50代の薄毛の効果的な対処法

女性特有の薄毛の効果的な対処法

頭頂部の薄毛の効果的な対処法

髪の毛に良い食べ物・栄養はこちら

髪を生やす方法トップへ