髪を生やす

40~50代の薄毛に効果的な育毛方法|中年男性の薄毛を治す最善の対策

40代薄毛
症状1

「40を過ぎて頭頂部が徐々に薄くなってきた」

症状4

「まだまだ若くいたいけれど生え際が後退してきた」

症状4

「このままではハゲ親父になってしまう、どうにかしたい」


総務省が発表している人口推計の調査によると、薄毛が進行していると感じている40代男性は45%、50代男性だと53%います。

およそ2人に1人ですので、中年の男性にとってそれだけ薄毛というのは身近な悩みです。
薄毛に関するデータ
若い頃はイケていた男性も髪が薄くなると一気に老けた見た目になってしまいます。

一度薄毛が進行すると、しっかりと育毛対策をしないとどんどんハゲが進行していきます。

加齢によって毛穴が衰退し消滅すると、もうその毛穴からは2度と髪の毛が生えなくなってしまいます。

そうなるともう生涯薄毛のままです。

しかし、現代は医学も進歩して、まだ毛穴が消滅する前であれば、正しい育毛対策さえすれば薄毛は改善することができるようになっています。

このページでは40~50代薄毛の原因とそれに対する正しい対策をわかりやすく解説しています。40歳を過ぎて薄毛に悩んでいる人は参考にしてみてください。

40代・50代に効く育毛剤第1位はこちら

女性特有の薄毛の効果的な対処法

40~50代の薄毛の原因と対策

40~50代の薄毛の原因は大きく3つあります。

その原因によって対策も異なりますので、まずは自分の薄毛の原因を知ることが大切です。 以下でそれぞれを詳しく解説していきます。

薄毛の原因その1:遺伝による薄毛

遺伝
薄毛の体質は遺伝をします。

親や親族、祖父母に髪の毛が薄い人がいる場合はあなたもその遺伝子を受け継いている可能性が高くなります。

両親ともに髪が薄い場合はかなりの確率であなたも薄毛になるでしょう。これはDNAに刻まれているものなので仕方がないことでもあります。

しかし、遺伝による薄毛というのも今は治すことができるようになっています。

遺伝・体質による薄毛の原因を解説すると次の通りです。
脱毛の仕組み AGA(男性型脱毛症)というのは、男性ホルモンのテストステロンが5-aリダクターゼという酵素と結びつき抜け毛を招く原因であるジヒドロテストロンという成分が分泌されることで起こります。
解説だけ読んでも難しいですが、要はAGA(男性型脱毛症)による薄毛の人はこのジヒドロテストロンがたくさん出てしまっているということです。

つまり、このジヒドロテストロンの分泌を抑えるようにすることで抜け毛を止めて正常なヘアサイクルが取り戻せるようになるのです。

遺伝・体質による薄毛の効果的な対策は次の2つです。
【遺伝による薄毛の対策その1】
AGAクリニック
病院(AGAクリニック)で薄毛の治療をする。

今は病院で薄毛(男性型脱毛症)の治療ができるようになっています。

医師の指導も元に治療できるので安心して効果的な育毛をすることができます。

基本的には飲む育毛薬であるプロペシアを長期的に服用することでほとんどの場合が改善されます。

このプロペシアは医療用医薬品なので、医師の診察を受けて処方箋をもらわないと手にすることはできません。

ドラッグストアや薬局へ行っても購入できません。

金額は1ヶ月分28錠で約7,500円程度(診察日などは別)です。ただし、AGA(男性型脱毛症)の治療は保険がききませんので全額自己負担となります。

また、定期的に通院し医師に途中経過を見てもらう必要があるので時間も手間もかかります。
プロペシアが処方できるAGAクリニックはこちら

AGAクリニックはどんな治療をする?費用やデメリット

自毛植毛の費用やデメリット

【遺伝による薄毛の対策その2】
育毛剤
5-aリダクターゼの働きを抑える成分が配合されている育毛剤を塗布する。

育毛剤を塗布することも効果的な対策です。

ただし、これはどの育毛剤でもよいというわけではありません。

AGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストロンを作る5-aリダクターゼの働きを抑える成分が配合されている育毛剤ということが重要です。

毎日朝と晩に頭皮に塗布しながらマッサージをすることで徐々に薄毛が改善します。

ジヒドロテストロンを作る5-aリダクターゼの働きを抑える成分が配合の育毛剤はこちら

薄毛の原因その2、加齢

加齢による薄毛
加齢により頭皮のコラーゲン量が減ることで毛包が縮小していきます。毛包は髪の毛を生やす機能があるのでその機能が衰えることで抜け毛が増えてきます。

そしてそのまま衰えると毛穴が縮小していきます。そのまま毛穴がどんどん縮小していくと最後には毛穴が消滅してしまいます。

毛穴は一度消滅してしまうともう2度とそこから髪のは生えなくなります。ツルツルのハゲの人というのは毛穴が消滅しているケースです。

加齢による薄毛の対策

このような頭皮や毛穴の加齢による薄毛の効果的な対策は毎日頭皮をマッサージして血行を良くしてあげることが大切です。

血液というのは髪や頭皮を健康に保つ基本的な栄養ですから、それを十分に巡らせてあげなくてはいけません。

また、その際に育毛剤を使用することでより効果的に育毛に効果的な栄養を与えることができます。

【対策】40~50代の加齢による薄毛に効果的な育毛剤を塗布する

薄毛の原因その3、生活習慣

日頃の生活習慣が影響して薄毛を引き起こしている場合があります。

薄毛に繋がる生活習慣は次の3つがあります。

「1、悪い食生活が薄毛に繋がる」
血液ドロドロ
お肉、ラーメン、ジャンクフード、お菓子が多い食生活を送っていると血液がドロドロになります。ドロドロ血液はあらゆる病気を招く原因になりますが、薄毛にもつながります。

血液がドロドロになると頭皮や髪を健康に育てる栄養が十分に届かなくなります。食生活はなるべく野菜やお魚を多く取るようにして血液がサラサラになるように心がけましょう。

血液がサラサラになることは病気も防ぐことができ育毛にもなります。また太りにくい体にもなりますので良いことずくめです。

「2、ストレスは薄毛に繋がる」
ストレスによる抜け毛
社会で生きていると日々ストレスを感じる場面があります。

ストレスというのはある程度までは多少良い面もありますが、過度に受けすぎると様々な病気や薄毛にもつながります。

人はストレスを受けると血管が収縮します。血管が収縮するとそれだけ栄養の巡りが悪くなりますから、頻繁に起こると体の機能が正常に働かなくなります。

当然、育毛に必要な栄養の巡りも悪くなりますので抜け毛が増えていきます。

ストレスの元を無くすることが一番の解決策ですが、そう簡単になくすことはできないと思います。ですので、自分なりのストレス解消法を持つようにしましょう。

それは、休日に運動をしたり趣味に没頭するなど何でも構いません、なるべくストレスを蓄積させないように意識しましょう。

また、日頃から呼吸を深く長くすることを意識すると自律神経のバンラスが安定し、自然とストレスが溜まりにくく体になります。

時間が空いた時に深呼吸をするのも効果的です。

「3、シャンプーの方法と種類」
シャンプーの影響
多くの人は毎日シャンプーで洗髪をしていると思いますが、薄毛を気にしている人は3つの注意が必要です。

それは「シャンプーで洗髪をしすぎないこと」
「シャンプー剤が残らないようにすすぎは徹底的にすること」
「頭皮に優しい成分で作られているシャンプー剤を使うこと」
の3つです。

まずシャンプーは1日1回以上はしてはいけません。洗いすぎは頭皮に負担が大きく乾燥を招くため抜け毛につながります。

次にシャンプー剤が残っているとそれが毛穴につまり抜け毛になります。

最後は、シャンプー剤自体ですが、スーバーなどで売られている安価なシャンプーはなるべく避けましょう。

それらは洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで奪ってしまいます。

少し値段は上がりますが、シャンプー剤はを天然由来成分で作られているアミノ酸系のものを使うようにしましょう。

天然由来アミノ酸系のシャンプーは頭皮に優しく健康な頭皮を保つことができます。

生え際の薄毛の効果的な対処法

頭頂部の薄毛の効果的な対処法

自毛植毛で髪の毛を生やすという方法

植毛
AGAクリニックで処方される飲む育毛薬や育毛剤による薄毛対策というのはどちらも止めてしまうと、また抜け毛が始まり薄毛になってしまうというデメリットがあります。

育毛を続けるとなるとトータルではかなりの金額になります。

例えば毎月8千円かかっていたとすると、1年で9万6千円、10年で96万円もかかる計算になります。

また、毎日錠剤を飲んだり、育毛剤を塗布するという手間もあります。

これらの育毛方法とは全く違う髪を生やす方法として自毛植毛があります。

自毛植毛とは、自分の後頭部に生えている髪の毛を薄くなった部分へ移植する方法です。

自毛植毛は1度施術をおこなえば、もうそこで完了です。毎日の手間もありません。

現代では植毛の方法も飛躍的に進化していてます。

植毛というと大手術なイメージを持っているかもしれませんが、今はメスを使わない方法が主流です。

また、最新のi-ダイレクト法というやり方では生着率は95%以上となっています。

費用は移植の髪の本数によって異なり、その範囲によって数十~数百万円までと高額になりますが、手術は1日で終わり当日に帰宅できるようになっています。

また、事前に医師と相談しながら細く説明を受けて納得してから初めて施術となりますのでトラブルもほとんどありません。

施術後はカサブタが出来たり、生え変わるために初期脱毛が起こりますが、3ヶ月ほどで生着した細胞から毛が生え始め、半年から1年でびっしり伸び生え揃います。

時間とお金に余裕がある人は自毛植毛という方法も考えてみる価値はあると思います。
自毛植毛の費用やデメリットなどもっと詳しい記事はこちら

10代の薄毛の効果的な対処法

20〜30代の薄毛の効果的な対処法

髪を生やす方法トップへ