髪を生やす

20〜30代で髪が薄くなった時に効果的な対処方法|薄毛男性のための育毛対策

30代薄毛
症状1

「若い頃よりも生え際が後退してきた」

症状4

「まだ独身なのに髪が薄くなってきた」

症状4

「抜け毛が増えて髪のボリュームがなくなった」


薄毛の悩みを抱えている男性は、20代で4人に1人、30代だと3人に1人とされています。(総務省当局・人口推計より

今の20~30代は昔前に比べて若々しい人がとても多くなっています。

ただ、いくら体を鍛えていたり肌がきれいで若々しかったとしても、20~30代で髪が薄くなってしまうと、それだけで見た目の印象が一気に老けてしまいます。

髪が薄いというだけで印象がガラッと変わってしまうほど髪の毛というのは見た目に重要なパーツです。

そんな薄毛の男性の中には「自分は薄毛家系の遺伝子を持っているから仕方がない・・・」と半ば諦めている人がいるかもしれません。

しかし、諦めることはありません。

今は医学も進歩し薄毛はしっかりと正しい対策をすれば改善できるようになっています。

このページでは20~30代の薄毛の原因とそれに対する正しい対策をわかりやすく解説しています。まだ若くして薄毛に悩んでいる人は参考にしてみてください。

20代・30代に効く育毛剤第1位はこちら

女性特有の薄毛の効果的な対処法はこちら

40〜50代の薄毛の効果的な対処法はこちら

20~30代の薄毛の原因と対策

20~30代の薄毛の原因は大きく3つあります。

その原因によって対策も異なりますので、まずは自分の薄毛の原因を知ることが大切です。 以下でそれぞれを詳しく解説していきます。

原因1:遺伝による薄毛

遺伝
AGA(男性型脱毛症)の原因の多くは遺伝にあります。

親、祖父母、親族などに薄毛の人が多い場合は、かなりの確率でその薄毛遺伝子を引き継いでいます。

薄毛の体質の人は、抜け毛を促す男性ホルモンの分泌量がハゲない人よりも多いのが特徴です。

これは生まれながらに持った体質ですのである種仕方がありません。
詳しい解説 AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンであるテストステロンが5-aリダクターゼという酵素と混ざることでジヒドロテストロンが分泌されます。このジヒドロテストロンが抜け毛を誘発することで薄毛が進行します。
しかし、現在はこのジヒドロテストロンの分泌を抑える方法も解ってきています。

遺伝・体質による薄毛を改善する効果的な方法は次の2つです。
【対策1:育毛剤を使用する】
育毛剤
ジヒドロテストロンの分泌を抑える成分が配合されている育毛剤を使用する。

育毛剤の中には、ジヒドロテストロンの分泌を抑制する効果がある成分を配合しているものがあります。

それを毎日頭皮に塗布することで徐々に抜け毛が減り育毛が促進されます。
ジヒドロテストロンの分泌を抑える成分が配合の育毛剤はこちら
【対策2:育毛薬を飲む】
プロペシア
AGAクリニックで飲む育毛薬のフィナステリド(商品名:プロペシア)を服用する。

今は、病院やAGAクリニックで医師の指導の元に薄毛を治療することができます。

そこでは主に医療用医薬品の飲む育毛薬であるフィナステリド(商品名:プロペシア)や第一類医薬品のミノキシジルなどが処方されます。

このプロペシアにはジヒドロテストロンの分泌を抑える効果があり、1日1錠を半年から2年の継続服用することで8割以上の患者が薄毛を改善しています。

ただし、医療用医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋をもらわないと服用することができません。

また、未成年や女性は処方が禁止されています。
プロペシアが処方できるAGAクリニックはこちら

AGAクリニックはどんな治療をする?費用やデメリット

自毛植毛の費用やデメリット

原因2、頭皮環境や髪の健康状態の悪化

頭皮環境の悪化したり髪の毛が過度なダメージを受けることで抜け毛が増え薄毛につながります。

それらの原因としては、主に次の4つがあります。

1、頭皮の汚れや毛穴の詰まり

毛穴の詰まり
頭皮や髪が汚れたままの状態で就寝したり、あまり頭を洗髪しなかったりすると毛穴に汚れや皮脂が詰まって髪が健康に育たなくなり、抜け毛につながります。

【対策】:髪や頭皮は清潔に保ちましょう。

2、シャンプーの頻度や種類

シャンプー
シャンプーの頻度が多すぎるのもよくありません。シャンプーは多くても1日1回までにしましょう。また、安価なAES系界面活性剤が配合されているものは洗浄力が強すぎて必要な皮脂も奪ってしまいますのでなるべく使用を避けましょう。

【対策】:シャンプーの種類はなるべく植物由来で無添加のアミノ酸系のシャンプーを使うことをお勧めします。

アミノ酸系シャンプーは汚れはしっかりと落としますが、髪の生成に必要な分の皮脂は残してくれる頭皮にも優しいシャンプーです。

3、紫外線

紫外線
5月から9月までは屋外だと紫外線が非常に強く出ています。紫外線は肌にも頭皮にもよくありません。秋にどっと抜け毛が増えるのはこの時期に紫外線を受けたダメージが蓄積された影響によるものです。

【対策】対策:帽子や日傘などでできるだけ紫外線を頭部へ受けないようにしましょう。また紫外線でダメージを受けた頭皮に育毛剤で頭皮に栄養を与えることも効果的です。

4、カラーや脱色やパーマ

ダメージヘア
ヘアカラーや脱色、パーマは髪や頭皮への負担が非常に大きくなります。とくに間を置かずに短い期間に繰り返すと頭皮や髪へのダメージは甚大なものになります。

若い頃にこれらを頻繁におこなっていた人はそのダメージの蓄積で薄毛になることもあります。

【対策】:傷んだ髪はトリートメントで弱った頭皮は育毛剤をつけて頭皮マッサージを習慣化して健康な髪や頭皮を早急に取り戻す必要があります。またサプリメントで体の内側から栄養を補給することも効果的です。

原因3、頭皮の血行不良

血行不良
日頃の生活習慣の中でも抜け毛につながることはたくさんあります。それは主に「食事」「睡眠」「ストレス」です。

「食事」・・・肉やジャンクフードばかりを食べていると血液がドロドロになり血の巡りが悪くなります。

血液というのは健康な髪や頭皮環境を作る大切な栄養ですのでそれが滞りがちになると健康な髪の毛が育たなくなり、抜け毛につながります。魚や野菜を多く取り血液をサラサラの状態に保ちましょう。

また、サプリメントを飲むことで栄養面で補助するのも効果的です。

「睡眠」・・・成長ホルモンが一番活発に分泌されるのは夜の10時から2時の間です。

この時間帯に就寝していないと十分な成長ホルモンが分泌されません。また、不規則な生活や寝不足が続く生活は当然育毛にもよくありません。規則正しく早寝早起きの生活リズムを目指しましょう。

「ストレス」・・・ストレスは血管を収縮させます。あまり過度に受け続けると血流が悪くなり髪や頭皮に栄養が届きにくくなります。

自分ありのストレス解消法を持つなどしましょう。また、運動は全身の血流を良くしたりストレス解消にもなりますので適度な運動の習慣を持ちましょう。

その他の効果的な育毛方法

上記でも少し出てきましたが、サプリメントを上手に取り入れることは育毛にとって効果です。

育毛サプリは、体の内側から効率良く継続的に育毛に重要な栄養素を摂取することができます。

中身は主にノコギリヤシ、亜鉛、ミレットエキス、大豆イソフラボン、カプサイシンなど複数の栄養が配合されたサプリメントです。

普段の食事からは摂取しづらい育毛有効成分が凝縮されていますので、それらの栄養素が日頃不足している人が摂取するとより効果的です。
生え際の薄毛の効果的な対処法

頭頂部の薄毛の効果的な対処法

40〜50代の薄毛の効果的な対処法

10代の薄毛の効果的な対処法

髪を生やす方法トップへ