髪を生やす

白髪防止の体験談

【体験談】私の白髪予防法はシャンプーの仕方にあります


白髪が気になり始めたのはここ2年ほどです。
35歳になったころから、これまでは多くても1~3本だった白髪が急に増えました。

以前は髪をふいに分けた時に白髪が見つかることはなかったのですが、探さなくても白髪が目につくようになりました。生えるのはまだ地肌の近いところが多いのですが、前髪の生え際などにもあるので目立って困ってしまいます。

また、生えてきたことを認めたくなくて、すぐにはさみで切ってしまうのですが、それがあだとなって少し伸びただけで髪のラインから飛び出すように出てくるので、かなり厄介な存在となっています。

今のところ白髪よりは黒い毛の方が多いですが、まだ30代後半と言うこともあり今後これ以上白髪を増やさないようにしたいと思うようになりました。同世代の女性は手入れをしているのかもしれませんが、あまり白髪が見えません。

もちろん白髪がある女性もいますが、そんな女性を見かけた時に安心している自分自身がいて、少し残念な気持ちになってしまいます。老化はやむおえないことですが、少しでも白髪の増加を防ぐ方法はないかと、真剣に考えるようになりました。

白髪がどうして生えてしまうのかを知りたくて、ネットで調べたことがあります。その時に知ったことは、「白髪は頭皮への血流が悪くなって生えてしまう」ということでした。言われてみて、血流の悪さで抜け毛も起きると行きつけの美容師さんが言っていたことも同じことなのだと実感しました。

抜け毛を減らす方法として、髪を少し強めに引っ張る方法があることも教わっていました。この方法で頭皮を刺激することで血流がアップして、抜け毛を減らすことができると教えてくれたのです。

これらのことを踏まえて、自分なりの白髪予防対策を始めました。
方法は至って簡単なものです。これまでは何気なくしていたシャンプーですが、この時間が白髪予防対策の大切な時間です。

シャンプーは頭皮の汚れを落とすのを目的として、これまでも比較的しっかりめに洗っていたと思います。でもそれだけではなくて、地肌を動かすようにして指先でマッサージするイメージで洗うことにしています。マッサージは短い時間ではなくて、おそらく3分から4分は続けています。

何気なく洗うとシャンプーは1分ぐらいで終わってしまいますが、頭皮を洗うことと地肌を動かすようにしてマッサージすることを考えて洗うと、これぐらいの時間は自然と掛かってしまいます。多少面倒だと感じることはありますが、このマッサージをするようになってから大きな変化がありました。

前髪部分にあった白髪ですが、根もとあたりに薄くですが黒い色素が入ってきたのを実体験できました。シャンプーをしながら、困っていた白髪に多少でも黒味が戻ってきたのは本当にうれしかったです。

色素の復活としては小さな変化ですが、気持ちとしては大きな変化でした。今後も、出来ればこの方法で白髪が増えるのを抑えていきたいと考えています。

髪を生やす方法