髪を生やす

季節別対策の育毛方法

季節別対策の育毛方法とはどのようなもの?


育毛は春夏秋冬でその対策が異なるため、季節別対策が非常に重要になります。

特に髪の毛を育てるための頭皮環境を正常に保てないと、いくら育毛を頑張っても髪の毛は正常に育たなくなります。

そのため春は春用の、冬は冬用の季節別対策が必須となるわけです。

まず春に関しては季節の変わり目ということもあり頭皮の状態を正常に保つのが難しい季節といえます。

そのため心的ストレスなどから頭皮環境が乱れることも多いですから、出来るだけストレスを溜めず、体の状態を正常に保ち免疫力アップに努める必要があります。

免疫力が低下すれば頭皮環境も大きく乱れますので、育毛にも影響が出てしまいます。


夏の育毛に関してはやはり強い紫外線と外と中の温度差にも注意が必要です。

紫外線を浴びすぎると頭皮の細胞がダメージを受け抜け毛が増えますし、暑い場所から涼しい室内に移った場合にも、エアコンでの頭皮の乾燥がおきやすくなり、頭皮環境が乱れ抜け毛が増えることに繋がります。

暑さによる汗や皮脂の分泌も多くなりますので頭皮を毎日清潔に保つことも必要になります。 秋に関しては夏に受けた紫外線ダメージが表面上に出やすくなる季節のため、ダメージを最小限に抑えながら頭皮のケアを行なうことが重要となります。


特に秋は髪の毛の抜ける季節で、髪の生え変わりが多いため最も頭皮環境に気を配る必要がある季節だともいえます。

また、夏のダメージが一気に出て抜け毛が多くなります。
そのためシャンプーは頭皮にダメージを与えないものを使用し、マッサージなどで血流の改善にも取り組むと育毛効果が高まるでしょう。

冬に関してはやり乾燥が最も育毛をさえぎることになる問題ですので、常に頭皮の保湿には注意が必要となる季節です。

乾燥が続いてしまうと頭皮は大きなダメージを受けますし、それにより毛根にもダメージが行き抜け毛が増える原因にもなります。

ですので、シャンプーやトリートメントは保湿効果の高いものをチョイスし、出来るだけ乾燥し難い頭皮状態を維持することが重要となるでしょう。

ちなみに、リンスやコンディショナーの役割は、髪の表面膜を保護し保湿とツヤを与えます。

トリートメントの役割は、髪の内部にまで浸透し、栄養を与え補修し保水します。うまく使い分けて使用しましょう。

また、季節を問わずに1年中、頭皮マッサージを習慣にしておく頭皮の血行が良い状態を保つことができますので、薄毛などが気になる方は行うようにしましょう。



シャンプーはアミノ酸のものがおすすめ


シャンプーはできるだけアミノ酸のものを使用するようにしましょう。

ドラッグストアーやコンビニなどで売られている価格の安いもの(数百円)の多くは、界面活性剤を使用しています。

この界面活性剤とは、種類もありますが、市販の値段の安いシャンプーは、ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naが配合されているものが多く、これらは洗浄力が強すぎるのです。

頭皮は、皮脂が多いと毛穴がつまり抜け毛の原因になりますが、逆に皮脂を摂り過ぎると乾燥し、身体が自ら皮脂を増やすようになってしまうのです。

そして抜け毛につながります。

アミノ酸シャンプーは、値段は多少上がりますが、頭皮にも優しく皮脂を摂り過ぎるということもなく、適度に残してくれるのです。

基本的にシャンプーは髪ではなく、頭皮を洗うものということも再認識しましょう。

くせ毛を治すには

髪を生やす方法