髪を生やす

育毛剤の副作用

育毛剤に副作用はある?


抜け毛が多くなってきたり薄毛で悩まれている方は、育毛剤でどうにか改善出来ないものかと考える方は少なくないと思われます。

AGA治療のクリニックで育毛剤を処方される場合や、テレビCMなどで紹介される育毛剤を使ってみようかと思っても、「副作用がないのか?」が心配になったりもするのではないでしょうか。

実際に育毛剤を使用された方の中には、頭皮に痒みが出たり、フケが多くなったり、体調が悪くなったという話も聞かれます。

いざ副作用が出た後もそのまま「髪の毛のために我慢!」と使い続けることは非常に危険です。

また、逆に抜け毛や薄毛が悪化してしまうことにも繋がることもあります。

「髪の毛が薄くなってきたから…」と安易に育毛剤に走る前に、育毛剤の副作用のリスクについて理解しておく必要があります。

効果があるものはリスクもある

副作用

まずは副作用の心配が全くないという医療用医薬品というものはないと考えておくべきです。

クリニックで処方されるような処方箋を必要とする医療用医薬品は、効果が高い反面副作用の心配も高くなるものです。

そういったリスクがあるから医師の処方が必要なのです。

逆に、医薬部外品とされているような育毛剤ともなれば、定義としても副作用があってがならないものに位置づけられていますので、医療用医薬品よりは確実に副作用のリスクは低いものであると言えます。

しかし、いずれの育毛剤も含まれる成分がそれぞれ個人の体に合う合わないの問題は拭えませんので、体質によるものが大きいのです。

使用している間に頭皮に痒みが出たりフケが多くなるなど、「いつもと違う」の感覚を覚えたら一旦使用を中断してください。

そして、クリニックで処方された育毛剤であればそのクリニックへ、市販の育毛剤であればその商品の使用を止めるか、皮膚科などで診察を受ける必要があります。


ミノキシジルは市販されている育毛剤のリアップなどにも含まれている成分なので安心しがちですが、実際には副作用の症状とされる内容が報告されています。

主なものは、低血圧や頭痛やめまいの他、胃の不快感や手足などに痺れを感じることがあるなど様々です。

副作用もナシ!?ミノキシジル同等の効果がある育毛剤はこちら


病院やクリニックでしか処方できない飲む育毛剤のプロペシアの報告されている副作用は、男性にとっては残念とも思える内容かもしれません。

性欲の減退や精子数の減少など、男性機能が弱まるリスクが生じる報告がなされています。

女性の場合、婦人系の病気を発症するリスクや胎児への影響など大きなリスクが生じることから、プロペシアが処方されることは禁止されています。


育毛剤の種類

育毛剤は、医療用医薬品・医薬品・医薬部外品など、その分類によって副作用リスクは大きく異なってきます。

つまり、医薬部外品の育毛剤は副作用の心配は極めて低く、逆に医療用医薬品となると様々な副作用のリスクが高くなります。

副作用というのは、それぞれ含まれる成分が自身の体に合う・合わないがあるため、実際に使用してみないとどうなるかわからないという側面があります。

安易な使用は危険を伴います。特に医療用医薬品などを個人輸入などで使用する際は、すべて自己責任になるということをしっかり頭に入れておく必要があります。


医師や薬剤師のススメを聞き入れ、副作用に対するリスク管理をした中で使用するのがベターな付き合い方でしょう。

日本臨床医学発毛協会が推奨の育毛剤はこちら