髪を生やす

髪の毛を生やす方法

髪を生やすには

育毛剤の正しい選び方

育毛剤
最近は、育毛剤も数があり過ぎて、一体どれを選んでよいのかわからないなんていう人も多いかと思います。

育毛剤は、どれでも使えばよいというわけでもありません。

それぞれ特徴もあり、成分も効能も異なります。

どう選ぶ?

薄毛の種類は人それぞれです。薄くなった頭に髪を生やしたいのなら、自分の薄毛の種類に合った育毛剤を選ぶことが大切です。

自分の薄毛の種類に合った育毛剤を使用することで効果が格段に変わります

生え際が薄い
→U型・O型の薄毛に効く育毛剤はこちら


薄毛のタイプM型
→M型の薄毛に効く育毛剤はこちら


女性タイプ
→女性の薄毛に効く育毛剤はこちら


頭皮マッサージのやり方

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは、両手の5本の指の腹を使い、爪を立てず、力を入れすぎず円を描くよう軽く押しながらにゆっくり動かします。

実際にやってみると非常に気持ちよく、すぐに血流がよくなるのが実感できます。頭もスーッとしてストレス解消にもなりますので、1度ぜひ実践してみてください。

始めるとクセになってやらない日は落ち着かないという人もいるくらいです。

場所は、生え際、頭頂部、側頭部、後頭部をそれぞれに行うようにしましょう。ただし、力の入れすぎに注意してください。

また、首や肩も行うことさらに効果的です。全体で5、6分程度でよいでしょう。ただし、毎日続けることが大切です。

育毛剤を使用する際は、洗髪が終わった入浴後に頭皮マッサージをしながら塗布するようにしましょう。

洗髪後は、髪や毛穴の汚れなどが落ち血行が良くなり毛穴が開いているため、育毛剤の栄養が効果的に浸透しやすくなります。

さらに言うと、人間の成長ホルモンは22時から午前2時までの4時間が一番分泌されますので、その時間までにはマッサージを終え、できるだけ就寝がしているというのがベストです。

※頭皮を傷つける場合があるのでマッサージ前は爪を短く切るようにしましょう。

薄毛コンプレックスに打ち勝ちとう!

薄毛克服

抜け毛が増えてくると、朝起きて枕に落ちている抜け毛や排水溝に溜まった髪の毛の多さを見て落ち込むことがあります。

また、髪の量が減ると髪型も自分が思ったようにセット出来づらくなって、朝の忙しい時間になかなか髪がセットできなくなってきます。

そして、無理やり髪型を作ったり、スプレーでがっちり固めたりしてなんとか髪が薄く見えないようにごまかすようになってきます。

さらに風が強い日や、雨の日にはさらに髪がみっともないことになり、それだけでかなりのストレスが蓄積され、イライラしたり、職場や学校でも髪の毛のことが頻繁に気になってしまいます。

もっと抜け毛が進行し髪が薄くなってくると、徐々に自分に自信が持てないようになっていき、堂々と振る舞うことができなり発言や行動も消極的になってしまうことが多くなるのです。

そうなってくると、仕事でもプライベートでもうまくいかなくなるということが増えてしまうのです。まさに負の連鎖です。

いやいやそんな大げさな!と思うかもしれませんが、人間は日々、自分のセルフイメージに沿って行動をしているのです。

今日の自分はどこかイケていないと思っていると、自信を持った言動をはできなくなります。

薄毛が全く気にならず、なんとも思っていない人には影響はありませんが、少しでもコンプックスや劣等感を持ってしまうという人には悪影響を及ぼすのです。

そうならないためには、悩みの根本である薄毛という現状を認め、そのうえでそこから目を背けず逃げず解決するために最善を尽くす!ということが大切です。

薄毛という悩みから逃げずに立ち向かうという姿勢、 そして抜け毛を阻止し、髪の毛を生やすという経験をすることができれば、自分に自信も取り戻せます。

それがまた日々の言動にも現れて行き、仕事もプライベートも好循環をもたらすようになります。

→最短30日で効果!?満足度1位の育毛剤

第一印象でほぼ決まる!?

見た目の印象

「第一印象でついたイメージは潜在意識に入り込み、その後の関係に大きく影響する」と言われています。

人は、五感からそれぞれ情報を得ていますが、視覚からの情報は全体の87%を占めています。

ということは、初対面の相手に、見た目による好印象を与えることがどれだけ重要な効果をもたらすか、ということが容易に想像できると思います。

可能な限り常日頃から、清潔感のある見た目でいるということを心がけておきましょう。

昔から薄毛は遺伝すると言われていますが、現代では男性型脱毛症でも早期の正しい育毛対策を行うことで阻止したり、改善することが可能です。

しかし、世間では親がハゲていたりすると、遺伝の影響でその子供はかなりの確率ハゲるということが、いまだに根強くあるイメージです。

特に女性は全般的に、男性より薄毛に関しての知識が少ないということもあるでしょう。

実際に、多くの女性は自分の子供に薄毛の遺伝子を継がせたくないという思いがあります。

ですので、未婚の男性がパートナーを探す際、初対面の段階で恋愛対象の枠に入っておくためには、できるだけ髪の毛が薄くない方がよいというのは確かです。

「私は中身を重視する!」という女性もいますが、そういうのはまず、最初の見た目の印象をある程度突破した後の話なのです。

初対面の段階で、女性のふるいから落とされないようにしたいなら、やはり見た目の第一印象をできるだけ良いものにしておく、ということは強く意識しておく必要があります。

髪の毛を増やす方法

皮膚科医が推奨の女性専用育毛剤


髪を生やす方法トップへ戻る